~お家と占い行ったり来たり~ あんこの占い*虹架けるLOG

10/6十二大従星講座~天貴星・天恍星・天南星~のお知らせ

十二大従星の講座を行います。
今回は「天貴星・天恍星・天南星」を取り上げます。

 

◎日時:10月6日(日)11:00~13:00
◎場所:新宿三丁目駅近くの会議室(参加の方に直接お知らせします)
◎定員:8名(残6席)
◎代金:3000円
◎持ち物:筆記用具 飲み物程度
◎お申し込み、お問い合わせはこちらから→

 

十二大従星は陽占の角の「天○星」と書いてある星のことです。
この表の丸が付けてある方が陽占です。

右肩から時計回りに「天恍(星)」「天将(星)」「天印(星)」とありますが、これが十二大従星です。
全部で十二種類ありますが、星が重複することもあります。この2019年9月1日から出した命式では3つの十二大従星が出ますが、2種類しかない、または1種類しかない人(かなり少ないです)もいらっしゃいます。

天報星(てんぽうせい)
天印星(てんいんせい)
天貴星(てんきせい)
天恍星(てんこうせい)
天南星(てんなんせい)
天禄星(てんろくせい)
天将星(てんしょうせい)
天堂星(てんどうせい)
天胡星(てんこせい)
天極星(てんきょくせい)
天庫星(てんこせい)
天馳星 (てんそうせい)

エネルギーの強さがそれぞれ違い、赤い色の星は強め、青は中くらい、ピンクは弱めと分類されたりしますが、強いから弱いからいいとか悪いとかはありません→
十二大従星は日干と十二支から算出され、人の一生の時代(お腹の中にいるところから生まれて成人し、老いて死に墓に入りあの世に行きまた戻る)になぞらえてその性質は説明されます。
その人のエネルギーの状態や、実際にどんなふうに考えたり振る舞ったりするかがわかりますが、その性質はその星の座の年代に強く出ます(陽占の右肩から時計回りに「初年期」「中年期」「晩年期」とおおまかに人生を3分割されます)。

 

今回は「生成」の時代である、天貴星(てんきせい)天恍星(てんこうせい)天南星(てんなんせい)を取り上げて説明します。
小学生~青年くらいの若い年代の星です。
全4回の予定ですが、単発の講座なのでご自分がお持ちの星、気になる星が含まれるときのみのご参加が可能です。
色々と実感をお伺いしながら話を進めていきます。ぜひ多くの皆様のご参加をお待ちしております。

お申し込み、お問い合わせはこちらから→

関連記事

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近の記事

PAGE TOP