鳳閣星と調舒星の口

今日は昼からなんだか今にも降りそうな重い感じの天気でした。蒸し暑かった。

 

午前中は算命学の個人レッスンでした。十大主星の算出の仕組みを説明しました。

単純に言うと、日干を基に
①自分と同じ五行がある
②自分から生じる五行がある
③自分が剋する五行がある
④自分を剋してくる五行がある
⑤自分を生じる五行がある
この5パターンしかないのであります。あとは陰陽。仕組みは単純なのですが、これをちゃちゃっとやるのは最初脳内で大混乱が起きます。慣れるまでオーバーヒートしますし、慣れるまでには努力は必要です。
でもこの仕組みが分かっているか分かってないのでは、十大主星の度合いが違うと私は思います。

 

 

十大主星の説明も簡単にしました。
今日は鳳閣星・調舒星のところが大変盛り上がりました。調舒星を持っている家族が多い方だったので。
一番笑ったのが

「調舒星は否定から入る」

でした。「○○はこうだよね?」と話を振るとかなりの確率で「いやそうじゃないんだ、○○はね~~」と話し出すそうなんですが、結局話の中身は同意らしいです(笑)わかる・わかる・わかる🤣🤣🤣

この前のお茶会でも話に出ましたが「反抗心」「反体制」という性質は強いですね。「反」ですよ。「アンチ」です。

 

 

ちなみに鳳閣星はボロッと子供っぽいことを言って墓穴を掘ります。今日は個人レッスンのあとすぐに買出しに行って、適当にお昼を調達して帰りました。次男はいかにも辛そうなインスタント焼きそばを選んでそれを作っていたんですが、最後にかけるマヨネーズが味噌が入っているのか、すんごい色だったんです。アメリカンなオレンジ色というかなんていうか・・・

長男と娘も見てて「げっ!何その色」「南国系??」と言ってたのですが、私がとっさに思ったのは
「虫が吐いた液体みたいな色」
だったのですが、なんとか「虫が吐・・・」までで口を留めることができました。私も大人になったと信じたい。

 

 

昼ご飯のあとスマホを見ていたら、すごくまぶしいところから暗い所に入った時みたいに目の前に暗点??のような緑色の欠け?のようなものがいくつか出てきました。あれ、目が変だなとやめてしばらくしたら、なんだか視界がおかしくなってきた。右の端の方がちゃんと見えないのです。

あれ、目がおかしい?それとも脳??

ということで、とりあえずは暗めの部屋で横になっていたら眠ってしまいました。夕方目を覚ましたら目はどうやら大丈夫みたいだけど頭が痛い。
私は血圧が高いのでもしかして?と思って測ってみたら全く問題なし。肩も凝っているので「肩こりがひどくてなっているのかしら?」と夫に頼んでちょっともんでもらったら肩こりはよくなってちょっとすっきりしたけど、やっぱりだるくて頭が痛い、暑苦しい~~~

と叫んでいたら次男が
「熱中症じゃね??」

というので「あ!!」となって、窓を全開にして、長そでTを半そでTにして、水分をとったらかなり良くなりました。私は熱中症になりやすいのですが、まさかもうその季節が来たとは思ってなかったのです・・・まだ5月なのに。皆様もどうぞお気を付けください。

夕方からはかなり復活したのに、疲れてきました。今日は早く寝ます・・・おやすみなさい。

関連記事

 

 

 

 

 

2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

PAGE TOP