永遠に叫ぶ占い師

花粉が結構飛んでますね。
私は目に来るタイプで、そんな鼻の方はひどくないんですが、夫が壊れた蛇口と化してます。人間こんなに水分が出続けていいんでしょうか・・・

 

 

さて、先日こんな記事を書きました。

私はブログを見てきてくれるお客さんが圧倒的多数なので、お金を稼ごうと思ったら「じゃあブログ書くか」となります。イベントや練習会などではTwitterからとかもありますけど、鑑定はもうほぼブログです。
当たり前なんですけどこちらを読むと他の占い師の皆様それぞれ違いますね。面白い。

 

 

そもそもなんですけど、

「まずは友達を占って、占いをすることを辺りに広める」

というのが王道👑ではないかと思ってます(あくまで持論)。

もし占いを仕事にしたいなら
①まずは周りのお友達に話して練習台になってもらう
②布教を広め、そのうち『見てほしい』という人が出てきたらまずは代金代わりにカフェのコーヒー代☕️をおごってもらう
③そのうちお願いされることが増えて「えー、お金うけとって、悪いわ」といわれたら即値段設定する

という三段階仕立てだどうだ!!!!
これだとブログやSNSは不要ですぞ✨

 

 

しかしそうできない場合も結構ある。

そもそも私がそうでした。
友人がいない・・・いや全くいないわけではないが引っ越してそんなに経っていなくてその辺には生息していなく、職場(派遣先の薬局)にはさすがに積極的に話す気はなかったし、そうなると相手はネットを介した不特定多数しかない・・・そうすると不特定多数に対して「占わせてくれ」とアピールするしかないのか・・・じゃあブログとは必須だな、となりました。

 

私のように物理的に人がいなくても、友人にこそ知られたくないという人も多いだろうし、反対に友人ならではのトラブルも予想できるので嫌だと思う人もいらっしゃるでしょう。
(余談ですが、ウラナイ8のインタビューでまるおかよしこ先生のお話を聞いた時、「中学校の先生をしていたときに他の先生や生徒にも占いをしていると言っ実際占ってた」という話を聞いて、スゲェ・・・と思いました。スケールの大きい方はやはり違いますね。私は小人・・・)

 

今は占いでも色々なやり方があるので、その方の特性やライフスタイルによって選ぶことが可能ですが、相手がリアル知り合いではなくネットの向こうの不特定多数ならその人たちに「ここでやってますよーーー!!」とまずは表明することから始まります。私はそのあとも永遠に「鑑定やってます。講座にきてねー」と叫び続けない🔊といけないタイプ(そのあとどんどんお客さんが付いて集客に困らないって人もいるはず。不条理)

あなたのお客さんはどこから?というのは、どこに向けて発信すればいいかということに直結しますね。

 

 

ということで、永遠に叫ぶ占い師、あんこのオンライン講座があります。発信が怖い、しり込みしちゃうとかネタがないわという人には適当ーーに書けるヒントが得られるかもしれません。まだ予告なので興味のある方はチェックしててね😉

そして、練習相手に困るという人はこちら!!参加者様をお待ちしております(これを言いたかった^^無事たどり着いた)

易の練習会(リアルとZOOM両方あります)

タロットの練習会(日曜と平日の両方あります)

お申し込み、お問い合わせはこちら→

関連記事

 

 

 

 

 

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

夏瀬杏子のSNS☆チェックしてね

最近の記事

  1. 2021.05.3

    ヨタバナシ5/3
PAGE TOP