老後を想像する

明日29日は新宿でタロット練習会です。
ギリギリまで参加は受け付けていますので、もし都合が尽きそうだという方はご連絡ください→
あとそのあと14時~15時半くらいなら鑑定も可能です。こちらはもし希望の方がおりましたら当日朝8時ごろまでにご連絡ください。

★,。・:*:・゚☆。・:*:・゚★,。・:*:・゚☆。・:*:・゚★,。・:*:・゚☆

 

最近は家に居る時間がかなり長いです(明日は久しぶりに都内・・・)
家族は学校や仕事などに出かけるため1人で過ごせるのでラクですね。続くと飽きるけど。
週末はみんな家にいますが私は反対にZOOMで講座などをすることも多いので、こんなご時世だしどこかに一緒に出掛けるとかもそれほどもう多くないです。せいぜい娘とその辺に買い物位ですね。

 

 

このまえうちの定年後の話(?)をちょっと書きました。

転勤があったのでこれまでは全然予想がつきませんでしたが、ようやく「定年後って・・・」と想像ができるようになった今日この頃です。
夫婦で一緒になにか楽しみながら過ごしたいとはあまり思わない(爆)
それぞれ勝手に好きなことをしてバラバラに暮らしながら、たまに「久しぶりに一緒に買い物でも行くか」と出かけるくらいがいいなあって思ってます。

 

よく「夫婦で共通の趣味を楽しみたい」という話がありますが、そんなのは無くても良いと思う。
もし夫が「一緒に楽しみたいから占い勉強してみようかなあ」とか言う日が来たら全力で阻止する(笑)いやそんな世界はパラレルワールドでも起きないと思うのですけど。
そもそも結婚する時から趣味や好みは全然合ってなかったし。アウトドアかインドアかと言われたらインドアというレベルの共通項くらいで・・・

 

 

老後の生活を想像したときに
「誰かと何かを楽しみたい」
というベクトルの人と
「何か(趣味など)そのものを楽しみたい」
というベクトルの人がいると思います。

 

「誰かと何かを楽しみたい」という人は、例えば配偶者がいれば「夫(または妻)と何かを共有、共感したい」というのが目的なので、「何か」というのは何でも良かったりする(なんでも楽しめる)。
「何かそのものを楽しむ」という人は、まずは目的があってそこが絶対大事で、それによって人とも触れ合うけど副産物だったりします。

 

 

パキッとパピコのようにどちらかに分類されるのではなくて、両方の成分を持っているけどどちらかに片寄っているという感じに私は思っているのですけど、夫婦であまりにも対極にいると不満が生じそうな気がする。
うちは多分それほど齟齬は無いと思うけど、意外と夫は放置しっぱなしは良くなさそうなので調整せねばと思ってます。
(占いでどちらかに分類できるかな?と思ったのですが、大体は可能だけどやはり人は両方必要・・・私は「何かを楽しむ」タイプではあるけど、やっぱり「誰か」も絶対欲しい。多分多くの人がそんな風ではないかと想像します。)

 

うちの母は典型的な「誰かと何かを楽しみたい」タイプなので、コロナ禍のこの状況は結構つらそう。そもそも人が少ない田舎で一人暮らしだとさみしくて死んじゃうウサギタイプ・・・もっと人が多い環境がいいとは思うけど実行は難しくて。

 

 

あなたは「誰かと」それとも「何かを」どちらがメインですか?
それによって、人間関係(夫婦や親子)や環境を多少は調整していけるのではないかと思います。

関連記事

 

 

 

 

 

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

夏瀬杏子のSNS☆チェックしてね

最近の記事

PAGE TOP