そもそも開運ってなんでしょうね・・・

本日11月13日(金)は下北沢のこはぜ珈琲店さまで鑑定をします

12:30~13:30 13:30~16:00

 

今のところはご予約はありませんので、直接お店に来てもOK!店内の私を見つけてお声がけください。
もちろんメールなどであらかじめお時間の空きを聞いてくださると確実です。

こはぜ珈琲店への行き方はこちらからどうぞ→(最近の写真に変えました!!)
予約・お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ!→  ツイッターDM、リプライでもOK→
またはnatsuse33@@gmail.com(一つ@を抜いて)にお願いします

 

鑑定メニュー
◎総合鑑定(算命学を中心に手相、タロット、易も必要に応じて)
<個人鑑定> 30分5000円 60分10000円 10分延長につき+1000円
<相性鑑定> 恋愛、職場、家族などの人間関係を見ます ご自身を含め3人まで60分10000円(3人以上の場合は要予約でお願いします)  以下1名増えるごとに+1000円 60分以降は+10分ごとに+1000円です
◎手相 10分 1000円
◎タロットor易 15分 2000円
◎イメージ画(質問ありでもなしでもOK!あなたから視えた絵を描きます)20分 3000円

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 


ちょっとした段差を見落としてすっころんでしまい、手を痛めてしまった・・・
手よりも転んでしまった恥ずかしさで心が痛いーーー!!!

ひどくはないけど利き手なのでどうしても使ってしまい地味~~~に痛みますね。特にパソコンは、最近は腱鞘炎気味だったところにとどめを刺されたようです。休めろってことかな・・・もっと音声入力を使うようにしようかな(手の方が慣れているんですけど)。ここで習慣づけておかないといけない。

先日書いた「無料」をテーマにした記事は多くのアクセスを頂きました。ありがとうございます。

判子で開運というのは実際どんな作用機序なのかは詳しいことはわからないんですけど、よく父は毎日100回判子を押し続ける自主練をしていました(その代わり仕事はあまりしないよ!!)意外とハンコ道は厳しいものだ。
周りの母親や私たち子供は不愉快だったけど、もしかしたら父は気分が良くて本人的にはで開運効果はあったのかもしれない。いやそれでも現実的な面からすれば開運ではないのか。
開運って何でしょうね・・・

 

 

開運の意味を調べてみると「運が開けること」「幸運が来る」こととあります

 

私にとっての開運というのは定義するならば
「日々できるだけ恒常性を保って、自分の向いてる方向や行きたい方向にスムーズに動けるようにしておく」
ですかね。
恒常性を保って、というのがナチュラルボーンらりらり娘の私らしい。大昔こんな記事を書いたよ。もう6年前です。→「太陽と月」
揺れ動く、ラリった自分を手なずけるというのが命題なのでしょう。

 

きっと「開運」の定義は誰にとってもそんなに間違いじゃない。「向いている方向や行きたい方向」がみんな違うだけだ。
みんながみんな「金運アップ」とか「ステキな彼氏(夫)ゲット」を望んでいるわけじゃないですもんね。

 

 

でも本当に本当のところの自分が何求めているのかって、わからない人は意外と多いのではないのでしょうか。
口では「自分を大事にしてくれる人と付き合いたい」と言いながら、全然大事にしてくれないホストがやっぱり好きで何百万も貢ぐような感じとか(どんな例えだ)。
「私はこういうことをやりたい!」と言いつつ、周りの付属みたいなことばかり先に手を付けるとか。
「私は太っているから彼氏ができない。痩せて彼氏を作りたいけどお菓子がやめられなくて痩せられない」とか。

↑こういうのって、鑑定では本当によく見られる。「なんか変なこと言ってますよ」って話。
その辺のねじれがなくなるのが、結局開運なのかな?
とか考えたりするのでした。
(あなたのねじれをほどくお手伝いをしますよ!と最後に宣伝を入れておこう。今日もお待ちしてます。)

関連記事

 

 

 

 

 

2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

夏瀬杏子のSNS☆チェックしてね

最近の記事

PAGE TOP