納音の月

何度も書いてますが今月は戊寅の月ですね。

私の生まれた年は戊申なので、今月は納音(なっちん)です。納音とは

戊 = 戊
寅 ⇔ 申

こんなふうに、上(天干)が全く同じで、下(地支)が十二支をぐるっと円形に配置した時に180度の位置にいる2つ(対冲)がそろうことです。
十二支の表は私が大昔に描いたど下手くそなものを今でもまだ使っています。up to dateの予定は今のところない・・・
申と寅は正反対にいます。

納音のときはざっくり言って「見直し」の時です。
私と同じ生まれの人は今月は主に仕事の見直しを考える時でしょう。
今は「月」で話をしていますが、生まれた年から30年経つと、納音の干支の年が必ずやってくる造りになっています。東洋版サターンリターンですね。
今までのやり方では行き詰ってしまうので、立ち止まって見直さないといけない時。ここで修正しておかないと後でツケが来るんですね。そのミニ版が今月来るってことです。

ちなみに私の日干支は「戊寅」なので、私は元の命式の中にも「納音」があります。
こういう「十二支同士の関係性」は私のように元から持っている人もいるし、巡ってくる年運や大運と元の命式の間に成り立つものの2種類があります。

 

元から納音を持っているとどうかというとね・・・それは2月23日の講座で話します!!フフフ
(こういうところが納音だな・・・)


自分年表を作ってからくると楽しいと思う!興味のある方はぜひ来てね~

 

お申し込みはこちらから→

関連記事

 

 

 

 

 

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

最近の記事

PAGE TOP