鳳閣調舒の神がお帰りになりました

ここ数日、文章を書く意欲が格段に減少しました😱😱😱

ブログを書く気力というかネタがない・・・いやネタが無いという点ではこの3か月くらいの方が家からほとんど出ないのだから、もっと条件は悪かったと思うのに、アホのように書いていた。

鳳閣調舒の神(?)が私から去って行ったとしか思えません

6月5日から「壬午」の月に入りました。
そのまえの2か月の「庚辰」「辛巳」の間は月で「鳳閣星」「調舒星」が回っていたんですよ、私。

 

鳳閣星調舒星というのは「自分の干から生じる五行の干がある」という条件で出る星です。簡単に言うと「自分の中にあるものを出す」ということです。自分の内側にある思いを話してみる、書いてみる。あるいは歌ってみるとか踊ってみるとかでも構いません。そこには目的はありません。ただ「そうしたいだけ」です。
今の心に浮かぶことがあるから書いてみた、今の気持ちの高まりを歌ってみた。ただそれだけです。

ちなみに鳳閣星だと「広くわかりやすく伝えよう・・・」となり、調舒星だと「わかってくれる人だけにわかってほしいの』となります。
その辺の話は明日の夜のZOOM講座でします。まだお席ありますの興味ある方はぜひどうそ~~

 

私は元がそういうタイプですし、この2か月その星が回っていたせいか、なんだかどうでもいいことまでブログを書いていましたが、文字通り去って行ったような気がする・・・お帰りになられた。

その代わりやってきたのは「禄存星」です(来月は司禄星が回ってきます)。禄存星司禄星だと「ただそうしたいだけ」ではなく、「結果をゲットしたい」です。目的があるのです。
なので~、例えばブログを書くにしてもただ好きなことを書き散らかすのではなくて、「お客さんゲット!!」を念頭にウケるブログを書く!!みたいな感じになります(無理・・・元に持ってない・・・orz)

そういうブログ書けないならやるだけ無駄じゃね??

 

といいたいところですが、頑張って明日の講座にいざなうべく書いてみました。
よろしくお願いいたします。お申し込みはこちらからどうぞ→

 

 

そういえば「子供」も鳳閣星・調舒星の象意です。
自分の身のうちから出す、ということですね。そこから行くと子供は「(自分が)好きこのんで産んで育てる」というものです。
おおきくな~れ~♪と水と肥料をやりつづけるのが子育てです(多分この加減が大事)。どう育つかは関係ありません。
という話を以前講座でしたら「それなら子供は禄存星・司禄星の話ではないんですか?結果があるから」という質問がありました。
そう思う人もおおいかもしれませんね。でもこの辺の話は大変興味深いと思います。あなたはどう思いますか?

関連記事

 

 

 

 

 

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

PAGE TOP