同族嫌悪

明日は新宿でタロットの練習会です。もうちょっと参加者さんカモン!!
当日ドタ参加大歓迎ですので、気軽にタロットを楽しみたい方はぜひどうぞ。習うより慣れよの精神で参りましょう。

先日は私の身内の恥部をお見せして申し訳ございませんでした。
なーんて。そんなこと言ったらこのブログの多くは恥部で出来ているってことになってしまう。

これはコメダ珈琲ででてくるお通し(?)の豆菓子。
意外と美味しいですよね。
父はこれを年末に私の叔母(自分の妹ですね)に200個とか300個とか送ってきたらしいです。
ん~~、美味しいものとは思うけどそんなに大量に人にやるものだろうか・・・叔母に「なんでお父さんはこれをくれたの?」って聞いても「よくわからない」と言ってましたが。
叔母のところも普段は夫婦だけなので困ってあちこちに配ったらしいのですが残ってるようだったので、うちは子供が多いから「よかったらもっともらってもいい?」と聞いたら「助かる」といって残り全部(50個くらい)送ってくれました。

 

どうも不幸の手紙といい、人にプレゼントするものの観点がずれているんですよ。
本人からしたら「良かれと思って」なのでしょうね…(“= =) トオイメ

 

 

 

父と私は私が生まれた時からの付き合いなので(当然ですが)、かなり長いです。
こういう長い時間をかけて作られた関係性というのは、長い時間の中であった出来事や想いが蓄積して煮詰まってできあがってきたものなので、「こうやっていこう」みたいな方向性というか結果というか、それは私の中では矛盾はないのです。
そして他人に何か言われる筋合いはない(私に言う人はいませんが)。
それは傍から見ると眉をひそめるものであったり一般的に美しい形ではなかったりするかもしれませんが、まあ私がこういう命式で生まれた意味の一つはそんなところにあるのかなとか思ったりします。

(先日算命学の勉強会をやったときにある有名ファミリーの命式に話が及んだのですが、生月中殺をもったお子さんが家族の中で一人だけいて、大げさだけどその人がこの家系の流れを変えるのかも、みたいな話があったんですよね。
ときに中殺の人は行き詰った状態を爆破させるダイナマイトのお役目が回るような時があるのかもしれないなと思ったんです)

 

 

ただ父には勝手に幸せに暮らしてほしいと思ってます。こっちに迷惑はかけるなよとは思うがw
(実際の生活は全然わからないんですが。住んでいる所に行ったこともないし、長いこと会っていない気もするんですが)

なのでどんな占いだって、公序良俗に反するものでなければ私は全然気にしません。ハンコだって自分で押している分にはぜんぜんいいんですよ(色々押し付けたり言ってきたりしたので・・・💦)どうせ私も地続きのオカルトの大陸に住んでいるんのでそこは一応尊重(笑)します。全力で認めたくないけど似てるから同族嫌悪ってところもあるのかと思うと泣ける。
よく同じ大陸の違う部族を「トンデモ」みたいに罵る人がいますがそれはあまり意味のないことではと思うんです。人は見たいものしかその瞳には映さないないものですし。
外部の人から見たら同じ大陸で何言ってんだよ、ってところでしょう。目クソ鼻クソというところでしょうか。

 

 

父にはその部族の中だけでぜひ楽しく暮らしてもらいたいです。頼む。
「良かれと思って」だけはマジ勘弁してほしい~~

関連記事

 

 

 

 

 

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

夏瀬杏子のSNS☆チェックしてね

最近の記事

PAGE TOP