思ってもないことは出せない・その2

十大主星講座(貫索星・石門星)のお知らせだしました。
早速のお申し込みありがとうございます!何を考えているか外からだとわからない(こともあるよーなー?)貫索星石門星を攻略しましょう。

あと最近ZOOM鑑定・電話鑑定の時間に余裕があります!
気になることがあれば気軽にどうぞ。20分3000円のタロット(または易)を上手く使ってくださいね~

お申し込みはこちら→

 

 

 

一応中学は今月いっぱいまでは休校の我が家です。
先日、学校に課題を取りに行く日がありました。そのときに提出する課題が少しだけあったのですが、その中に「自己紹介カード」みたいなものがあり、その中に「将来自分がなりたい姿」という項目があったんです。

うちの娘は、その「将来がなりたい自分」というのを書くのに、書けなくて何日費やしたか・・・
前に書いたこの記事がプレイバック。思ってもないことは出せないんです。

「そんなのない!!」というから「じゃあ『無し』だって構わないよ」というとそれはそれで嫌らしい。
「自分で稼いで好きなことやってるみたいなのは?(よく好きなグッズを買うために働きたい!と叫んでいるので)」と言っても納得しない。まあ親の言ったことなんて聞かないのが普通・・・

でも何日も「書けない」と不機嫌な顔してても。今こんな行き先が不透明すぎるご時世なのだから、今書けることでいいと思うんですが・・・

というのをTwitterで書いたらたまき先生が返事をくれましたよ。

そう、サクッと切り売りできずに「提出してない課題」というのも今まであるのだよ・・・親としては成績が今一つ二つならせめて提出物は出そうよと思うのに、思わぬ落とし穴がこれ。
続き

「現実と自分のパイプが強い人達」とにとってはそういうことなのだなあ・・・
うちの娘は天南星2つ、日干は丁で「地熱が激しい人」と私は称してます。激しいくらいの感性があって適当なことや思っても無いようなことは死んでも言いたくないのでしょうが、言ったことがダイレクトに現実に反映してしまうのでしょうね・・・
「ミダス王の手」みたいだ。触ったものは「金」じゃないけど「現実」に変えてしまう。いい加減なものは触れない。

私は「現実と自分のパイプがどちらかというと弱め」なので、それほどのダイレクトさは感じません。もちろん言ったことが現実になってしまうこともあるけれど、そこまでは全然ない。
(前に、youtuberになる!って言ったらなってしまった、という話を書きましたが、あれは言ってから「忘れる」っていうのがコツらしいですわね・・・)

 

せっぱつまって、最後には多少は納得したものが書けたのでしょう、制服に着替えて元気に出かけていきました。

 

 

余談:
たまーーにだけど、これは例えですが、「戦争についてどう思うか」みたいな問題が、プリントの最後にほいっと来たりする。
当然こういうのも本当に書けません。私はもう汚れているので「適当にうまくごまかして書けばよい」とか思っちゃうのですが、たとえ思うことがあっても奴は適当になんて1文字も書けないんです。
それでいて中学生だから人目もすごーく気になるんです。
こんなこと言ったらアレですが、学校側は道徳的な答えを求めているような気がしてならないし、あんなの意味があるのかな~~~~~とすごく思ってた。

が、最近知人と話した時に、学校の教育のしばりみたいな問題でそういうのを入れないとダメらしいと聞いた。先生も本当はしたくないらしいと。そうなのかー
色々と考える機会を作るのはいいことかもしれないけど、一律に書かせるのはどうなのかと思ってしまいますね・・・

関連記事

 

 

 

 

 

2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

PAGE TOP