Decade

昨日は夫と出かけてきました。不動産屋さんに契約に行ってきました。


もうすぐこの地に来て10年。
今まで住んでいた家は社宅の扱いだったのですが、それが切れるので、住む家はそのままに自分たちの契約に切り替えました。
10年前は、まさか10年いるとは思わなかくて(またどこかで転勤あるだろうと)、もし万が一10年過ぎるようなことがあればどこかもうちょっと安いところに引っ越せばいいか、とぼんやり考えてましたが、結局引っ越しはしないでそのまま継続で住むことを決めました。
継続と言っても契約し直しなんですね💦手続きもお金も思ったよりかなり大変。

英語で「Decade(10年)」という単語がありますね。
若い頃「なんでこんな単語作ったんだろ?Centuryくらいならわかるけど」と思ってましたが、「Decadeわかる!!でかいよ!!」とこの年で実感する私です。
なにしろ一番最初の家を除いては、最長に住んだ期間になったんです(本当にこの家に住み始めたのは2011年6月末くらいなので正確にはまだなっていませんけど💦震災の影響でしばらくさまよいました)。

算命学や四柱推命だと大運は10年だし、タロットは「数」でもみますが、2ケタの数になる新しい始まりの数ですね(一ケタにすると1+0=1で始まりだし)。切り替えの単位です。

10年経つとそこの人にはならなくても多少は慣れてきて、正直いってこの家は広いので家賃は少しお高めだし、ちょうど娘は中学卒業だからどこか探そうと考えていたころもあるのですけど、色々考えて+計算して残留決定しました。
年を取ったと思う(涙)若い時なら動いてたかも。引っ越し自体がもう辛いですし、昔から考えると新しいところへの順応性が落ちて固まってきたのがわかってショックだけど、まあ許してやろう。

 

 

この頃思うのは
「どこに住もうが、私は私!!!😤」
なんだなあって。
よく一番の開運は住む場所を変えること、っていうけど、単に引っ越すだけでは開運も何もない。住む場所が変わって付き合う人が変わっても、結局は「私は私」なので陰キャが陽キャに変化するわけじゃない。どこに住んでも同じ問題を繰り返す人もいる。
これは例えだけど、転校したら新しいキャラで生まれ変われるかと言ったら違うもんね。

 

ただ環境から受ける影響が大きいことは間違いない。
「自分と環境とのコントラスト」を考えるといいんだろうなと思う。そこに住むというのは「そこの人」という扱いを外の人に受けることもあるし、それ相応の振る舞いを中から求められることもある。それが運を上げることになったり、反対に下げることにもつながるんだろうと思う。
もちろん目に見えるもの、例えばごみ問題や騒音とか隣人トラブルとかあれば直撃しますが。

駅近で利便性はいいけど狭くて家賃が高いか、駅から結構歩くけどゆとりがあって家賃が安いか。
都会に住むか、田舎に住むか。
ハイソな高級住宅街に住むか、ざっくばらんな下町に住むか。
地元民が多い所に住むか、よそ者が多い所に住むか。

 

 

転勤なので自分で選べませんでしたが、10年住んでも全然そこの人じゃないんですけどそれで済んだところが良かった。
今はコロナでちょっと風向きが変わりましたが、都会の近くに住めたのは私の人生にプラスでしたね。だって占いの勉強が気軽にできましたから!!ここに住まなかったら私はここにいない。
引っ越しとかいうとつい方角や時期に目が向くけど、自分はそこでどういう立場でどういうスタイルで暮らして、それが自分にとってスムーズなのかどうか。
住む場所は「自己の証明」でもありますね。

あと何年ここに住むかはわからないけど、満喫しておこうと思います。
引っ越すたびに思うけど、この毎日が過去になる日は必ず来る。

関連記事

 

 

 

 

 

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

夏瀬杏子のSNS☆チェックしてね

最近の記事

PAGE TOP